中村一義からのメッセージです。

このたび、バンド”海賊”のメンバー・岡本洋平さん(Hermann H.&The Pacemakers)の喉に腫瘍があることが判明し、今後しばらく治療に専念されることとなりました。
そのお知らせを受け、以下中村一義からのメッセージを掲載いたします。

洋ちゃんから、喉の状態を報告してもらった直後の今、
正直、驚きで頭が真っ白になってしまっているというのが本音ですが、
共に音楽に対してあそこまで魂で向かって行き、笑顔を勝ち取り続けてきた洋ちゃんが、
音楽をお休みしなければならないという現実を突きつけられたということは、
本人が一番、悔しさを抱えていることと思います。

初呑みの兄弟盃を酌み交わしてからこの数年、僕らはバンド「海賊」として、
まるで家族のように濃く、夢のように楽しい旅をしています。

僕は、何があったとしても、そうそう家族の「声」を忘れはしないし、
夢のように楽しい「旅」は何があっても、終わりまで終わりません。

もし、これから僕たちのライブに足を運んで下さる方々にこの文章をお読み頂けているとしたら、
これだけは是非、忘れないでいて下さい。
たとえ、ステージ上に岡本洋平の姿はなくとも、僕らメンバーひとりひとりの心は常に彼と共にあります。
そして、再び彼がステージに立つことを信じ、待ち、支え合い続けます。

僕らの旅は終わりまで終わらないし、仮に終わりがあるのだとしたら、
そこには当然、岡本洋平もそこにいなければ「旅」そのものの意味が無いと、僕は彼と出会った時から思っています。
奴は強い男です。そう簡単に負けません。

彼の肉体は休養に入りますが、彼の魂はこれからもずっと、僕らと旅を続けます。
これからもどうぞ、岡本洋平ならびにHermann H.&The Pacemakers、海賊をよろしくお願い致します。


                                   中村 一義


PAGE TOP