【FC会員限定】広報中村 11〜20号

【FC会員限定】広報中村 11〜20号

販売価格(税込) :
数量
号数
※メール便(送料:120円)による発送のため、到着日指定はできません。予めご了承ください。

1997〜2009年まで発行していた
誌面によるファンクラブ会報のバックナンバーです。

※オフィシャルファンクラブ博愛堂会員の方のみが購入することが出来ます。
 決済画面にて、ファンクラブ会員IDをご入力の上お手続きください。


●広報中村 11号(2000年4月発行) 300円
インディーズレーベルHIFUMI RECORDSからのリリースとなったシングル『ハレルヤ』完成記念号。1年以上にわたる3rdアルバムのレコーディング進行状況を含め、2000年の抱負を春にして(笑)、語る。


広報中村 12号(2000年5月発行) 300円
ニューシングル「1,2,3」リリース及びニューアルバム試聴会開催決定記念号。中村初のアグレッシブな演奏&歌唱シーンが衝撃を呼んだ「1,2,3」プロモーションビデオに関する発言も。


広報中村 13号(2000年7月発行) 300円
7月10日、赤坂BLITZに博愛堂会員約1500人を集めて開催された、3rdアルバム『ERA』大試聴会。体中に降り注ぐ『ERA』に昂揚させられた気持ちを押さえきれずに挑んだ新作インタビュー。


広報中村 14号(2000年10月発行) 300円
『ERA』レコーディングと、中村初バンド編成ライブにもキーボーディストとして参加した池田貴史(SUPER BUTTER DOG)さんとの対談@柴又。ライブの裏話など、貴重なネタもイロイロと。


広報中村 15号(2000年12月発行) 300円
前号の柴又ツアーからいきなりジャンプアップ、“ニューヨーク地下鉄ぶらり旅”と題して海外ロケ敢行! スターバックスコーヒーの「After Coffee Mints」を求めて危険な旅に出た……はず……が。


広報中村 16号(2001年2月発行) 300円
“永遠なるもの〜ジョン・レノン”と題し、中村一義がジョンを語り尽くす in ニューヨーク(!!)。本誌に入りきらなかった「注釈中村」と読者からのお手紙をまとめた「別冊」をオマケとして挟み込んであります。


広報中村 17号(2001年4月発行) 300円
葛飾区は水元公園にてバーベキュー大会!ジュージューと肉が焼ける音とにおいが漂ってきそうな誌面になっております。近況、次の作品の構想、“ROCK IN JAPAN FES.2001”への意気込みなどなど、ビール片手に中村が語ります。


広報中村 18号(2001年6月発行) 300円
メニューが珈琲だけ!というこだわりの喫茶店(@銀座)でのインタビュー。実は中村一義の創作活動に大きな影を投げかけているという喫茶店、そして珈琲。ついに完成した新曲や発売間近の映像集『ERARE』のウラ話も。


広報中村 19号(2001年8月発行) 300円
昨 年のリベンジを賭けて臨んだ“ROCK IN JAPAN FES 2001”。8月5日、GREEN STAGEのファイナルとして遂に登場。「犬と猫」、「ショートホープ」、「歌」、「グレゴリオ」、「君ノ声」、そして新曲「キャノン・ボール(仮)」と 全6曲を演奏。素晴らしいステージをサポートしてくれたバンドメンバーとの対談。必読です。


広報中村 20号(2001年11月発行) 300円
ニュー シングル「キャノンボール」の発売が年明け1月23日に決定!これを記念して、“ROCK IN JAPAN FES 2001”のサポートメンバーでもあり、レコーディングメンバーでもある池田貴史(SUPER BUTTER DOG)との対談をとりおこないました。楽しげなレコーディングの様子が手に取るように分かる内容になってます!