会員メニュー

ログイン 会員情報修正

中村一義 Official Facebook

Fan Club DVD 愛すべき天使たちへ

『The Test For Lives』震災義援金受け付けています

フクロウ博士の日記

【FC会員限定】広報中村 31〜40号

【FC会員限定】広報中村 31〜40号

販売価格(税込) :
数量
号数
※メール便(送料:120円)による発送のため、到着日指定はできません。予めご了承ください。

1997〜2009年まで発行していた
誌面によるファンクラブ会報のバックナンバーです。

※オフィシャルファンクラブ博愛堂会員の方のみが購入することが出来ます。
 決済画面にて、ファンクラブ会員IDをご入力の上お手続きください。

●広報中村 31号(2003年12月発行) 300円
“中村一義へ50+5の質問”と題し、博愛堂会員からの質問50と、100sメンバーからの質問5に、中村自身、「正直に、とことん答え」ています。人生観、音楽観の伺い知れる内容です。トレードマークの髪形に関する、意外に深い回答もアリ。


●広報中村 32号(2004年3月発行) 450円
中綴じ全12ページとなったリニューアル第一号は“「トキワ荘」訪問記”。手塚治虫、藤子不二雄、石之森章太郎、赤塚不二夫らを生んだ「トキワ荘」跡を訪ね、中村のバイブル的存在という藤子不二雄・Aの作品『まんが道』について熱く語る号です。


●広報中村 33号(2004年6月発行) 450円
7月7日にリリースされる100sのファースト・シングル「A / やさしいライオン」大特集!というわけで、なかなかお目にかかれない、ジャケット制作についての一連の流れを追っています。最初の打ち合わせから撮影、印刷に至るまで。たくさんの人の手によって作られるジャケット。勉強になります。


●広報中村 34号(2004年9月発行) 450円
10 月6日にリリースされる100sのセカンド・シングル「Honeycom.ware / B.O.K」のリリースを記念して、広報中村史上初の100s個別インタビューを敢行!これは必読!「Honeycom.ware」ビデオクリップ撮影時 の貴重な写真と合わせてご堪能ください。


●広報中村 35号(2004年12月発行) 450円
1stアルバム『OZ』リリースを年明けに控えた100sメンバー6人がレコーディングに明け暮れた2004年を振り返る座談会の模様を掲載。12月に開催されたアルバム試聴会“[OZ]ナイト”の速報も。


●広報中村 36号(2005年3月発行) 450円
インタビュー、構成は中村一義自身。100sメンバー全員への各6000字のインタビュー×5人。100s『OZ』にとっての最重要テキストであり、広報史上最も多い文字数のため、ページ数を増量した全24ページ。


●広報 37号 - 広報小野(2005年6月発行) 450円
100sメンバーのパーソナルを紹介するシリーズのトップバッターはギタリスト小野眞一をフィーチャーした「広報小野」。渋谷を巡りながら酒、煙草、ラーメン、音楽、ライヴを語ります。


●広報 38号 - 広報町田(2005年10月発行) 450円
ギタリスト町田昌弘をフィーチャーした「広報町田」。2005年夏は4本のロックフェスに出演した100sまっちぃが、フジロックを舞台にライヴ、フェス、音楽、それからやっぱりラーメンを語ります。


●広報 39号 - 広報100s(2006年3月発行) 450円
“The Tour of OZ”のドキュメンタリーDVD『Ozlive!』の発売を記念して、ビデオディレクター遠藤主任へのインタビュー。スタッフのインタビューは初の試み。100sメンバーのコメントも収載しています。


●広報 40号 - 広報玉田(2006年6月発行) 450円
今号は「広報玉田」と題して、ドラム、玉田豊夢のパーソナル特集です。玉田豊夢の痛快かつ壮絶なるドラムバカ一代記をご覧じませ。